Blog

新しくビジネスを考える際のシンプルな思考法

つい先日、同じ時期に起業し今は美容関係のビジネスを手がける友人からこんな相談がありました。

「新しいビジネスを考えてるんだけどどれもしっくりこなくて、BOTANICOさんはどうやってビジネスアイデアを考えているの?」

僕は天性のアイデアマンというわけではありませんが、何か面白いことを考えることは好きで「頭の中で想像できることは全て実現可能」というスタンスで、暇さえあれば妄想に耽っています。

不可能がないので楽しくて仕方ないんですが、実際にその妄想からビジネスのヒントを得ることはあるし、深掘りしてビジネスの種として会議に持ち込むこともあります。

今回は友人からの質問を受けて、僕がビジネスアイデアを考える際に何をやっているんだろうと、ふと思ったので今日はそのことについて書こうと思います。

◾️市場をイメージする

まずはどの市場に身を置くのか、ざっくりでもいいのでいくつかイメージしてみます。

ネット広告、インバウンド観光、eスポーツなど、自分が興味があり、ある程度市場規模が想像できるものがいいと思います。

その中でひとまず一つを決めて妄想の中で市場のど真ん中に降り立ってみてください。

あくまで妄想の中で、です。

何が見えるますか?絶賛、妄想中なので体は自由、上空から俯瞰的に眺めてみたり、中で動いている人や事を探してみたり好きなように動き回ってみてください。

すると、どこかで足を止めたくなるポイントが見つかるはずです。

そうすれば次のステップ

◾️自分の持てる技術で何ができるか

自由に動き回った市場で足を止めた場所、その理由を考えてみると、何か問題が起きていたり、その逆でめちゃくちゃ盛り上がっいたり、何かしら気になるポイントだったりしているはず。

そのポイントで自分の持っている技術を使って何ができるか考えてみましょう。

例えば、インバウンド観光という市場に降り立って動き回った結果、爆発的に増える外国人観光客の波になぜか乗れていない中堅ホテルの前で足を止めたとしましょう。

周りのホテルは集客に成功し社員にマニュアルを配布して外国人観光客の心を掴んでいる。

その中で自分がこのホテルの為に何ができるのか、自身の持てる技術ベースで考えてみます。

僕なら動画、インターネットは本業なので、多言語化した動画を制作しSNSでターゲティングされた層に配信し、リーチを広げファンを増やす。さらには現地の旅行メディアとタイアップコンテンツを作るなどパッと思いつくと思います。

このような施策はすでに当たり前に行われていることだし奇抜なアイデアとは思えませんが、何でもいいので答えをいくつも出してみること、これがとにかく大事だと思います。

ぐるぐると頭の中をアイデアが回り10個ほど出てきたら次のステップ。

◾️愛情のフィルタをかける

10個のアイデアを思い浮かべ、それを自分が請け負うとして本当に愛情をかけられるサービスなのか、という視点で愛情をかけられないと思うものは排除してみましょう。

人は愛情をかけられないものをやり続けることにストレスを感じますし、そのストレスはお客様、そしてユーザーにまで伝染します。

そうやってビジネスは崩壊していくんだ、と僕は思います。

◾️3つの円が重なるところで勝負する

  • 市場はあるか
  • そこで発揮できる技術はあるか
  • 情熱を注げるか

図にするとこのようになります。

この全てが交わったところにこそあなたが情熱を燃やせるビジネスが存在すると思ってください。

もちろん、普段からの情報インプットとアウトプット、技術向上を前向きにやっていることが前提で、特に市場の感覚は深く理解しておいた方が妄想の中で足を止めやすくなるのは間違いありません。

友人にこの話をした後、彼は三つの円を描きそこに具体的に何ができるか書いていました。(愛情以外は)

アイデア発掘のフレームワークは様々あるが僕はこのシンプルな形が好きです。

そして何か一つに絞ることができたならすぐに行動に移してみること、これに尽きると思います。

このシンプルな思考法で情熱をかけられるビジネスを探してみてはいかがでしょうか。

 

——————————————————-

横浜のホームページ制作会社・動画制作会社ならBOTANICO

WEB制作、動画制作、広告配信などの集客マーケティングをワンステップで行い、クライアント様の課題解決のお手伝いをさせていただきます!
お気軽にご相談くださいませ!
■お問い合わせはこちら:https://btnc.co.jp/contact/

 

 

関連記事一覧

新着記事