blog

ブログ

動画はコンバージョンに結びつかないのか

ここ数年、動画元年と(毎年のように)言われ動画のマーケティングが盛んになってきました。 これまで動画を扱っていなかった制作会社も動画制作部署を立ち上げたりと、世の中的に動画に対する需要が上がってきていることが伺えます。

何のために動画を作るか

私自身もクライアント様から動画を作りたいんだけどとお話しをいただくことが増えたのですが、まず最初のヒアリングで必ずお聞きするのは「動画ってコンバージョンにするの?」や「作ってはみたけど効果がよくわからない」という声です。 動画がアツいと言われているから作ってみたんだけど全くCVしなかったとか、いままで静止画で広告を出していたものを動画に変えたんだけどむしろCVは下がりCPAも上がった、というお話しをよく聞きます。 なぜでしょう。 結論から言ってしまえば動画単体でどうのこうのというのはまだ時代的にまだ早い。 動画視聴のためのインフラが整ったとかいいますがぶっちゃけまだまだです。皆さんも通信制限を気にして動画を止めたことありませんか?なかなか読み込まなくてイライラしたことありませんか?そのような状況が完全に解決されない限りは静止画と同等のパフォーマンスを出すことは不可能かと思います。

特徴を活かした広告プランニング

動画で直接CVを狙えない以上、WEB、静止画、動画のそれぞれの特徴を活かしたデジタルマーケティングを行っていくしかありません。 具体的には、 ・動画は「興味関心」 ・静止画「動画による取りこぼしをカバーする」 ・WEBサイト「興味を持ったユーザーを説得する」 これらの特徴をミックスし動画単体ではなく全体で効果を計測していく必要があります。

実施後の解析が重要。

動画配信によってオーガニック検索が増えたのにWEBサイトへの流入が増えないのであればSEO対策が行き届いいないのでしょう。流入はあるがCVに繋がらないのであればLPに問題があるのでしょう それぞれの特徴を最大限に活かす施策こそデジタルマーケティングと言えます。 動画単体でみるのではなくユーザーのタッチポイントを洗い出し全体を設計して行く必要があります。 動画単体で効果がでないと結論付ける前に全体の設計はきちんとできているのか確認してみましょう。

——————————————————-

横浜のホームページ制作会社・動画制作会社ならBOTANICO
WEB制作、動画制作、広告配信などの集客マーケティングをワンステップで行い、クライアント様の課題解決のお手伝いをさせていただきます! お気軽にご相談くださいませ! ■お問い合わせはこちら:https://btnc.co.jp/contact/